FC2ブログ

プロフィール

チャー・トラ

Author:チャー・トラ
 特に、趣味ナシ・特技ナシの私です。
現在、スロートラベル“お遍路の旅”進行中・・・


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


第四日・日本三大狸さん

第四日4月4日 (水)晴(26675歩17.3キロ)
時間はおおよその目安です

宿7:30・・・7:50・81番・白峯寺・8:20・・・・10:10・82番根香寺・10:40・・・・・ 12:30鬼無駅12:44・・・・・12:51高松駅・・・13:10高松築港駅13:30・・・(琴電琴平線)・・・・13:52一宮駅・・・・・・14:00・83番・一宮寺14:40・・・14:50・一宮駅・15:07・・・・15:23・瓦町駅15:46・・・・15:58琴電潟元駅16:10・・・・・・16:20・84番・屋島寺17:00・・・17:30
屋島ロイヤルホテル・・・087-41-1000 


昨日、運よく注文できた「讃岐うどん」を送ったので
受け取りをよろしくと家に電話を入れる。

すると
「チャーは、ますますよく食べる」
ようになったという。
・・良かった・・・家族まで元気になれる・・・

食事は、昨日の大広間で
「たった一人」なので、
私だけのために、皆さんに迷惑だったのかとも
思ってしまった。

中居さんにそのことを言うと
「大丈夫ですよ・・・」
と優しく言われたので・・・有難かった・・

さて、今日は
白峰寺から根香寺まで歩く予定だったが、
私の足力・体力では「無理」そうなので
予定変更し「なまくら遍路」となった。

81番札所白峰寺へ向かう途中に、自衛隊が
占有しているという土地のそばを通る。
鉄条網などがあり、どうしてこんなところに
と思った。
お大師さんはどう思っているのかな?

これを知らない人は、山菜取りにでも入って
しまいそうだ。
そう言えば、わが町にも、こんな場所があるな
と思いつつ通り過ぎた。

IMG_6518.jpg


81番札所白峰寺では、お寺を掃き掃除している方に
「お早うございます!お参りありがとうございます!」
と快く挨拶された。
気持ちのいいものだ。

IMG_6519.jpg

IMG_6520.jpg
早いのに団体さんが、もう・・・・到着している

81番札所白峰寺を無事に打ち終え、82番札所根香寺
へ向かった。
このお寺さんには、出かける前に何度か電話したが、
忙しいのに、この辺の事のお話を詳しく聞かせてくれ、
大変参考になっことが・・・・・思い出される。

IMG_6521.jpg

どこのお寺さんも階段はきついが、ことのほかきつ
かった
IMG_6524.jpg
怠け遍路に、お大師さんが試練を与えているように
思えた。

IMG_6523.jpg

大きな荷物を持った外国人男性が、カメラ片手に
境内を撮影している。
プロのカメラマンか?学者さんにも見えるなあ?

私の荷物と比較すると雲泥の差がある。
歩き遍路をしている方のようでもある。


手入れが見事なお寺さんで、さぞかし四季折々の
美しさが想像される雰囲気のあるところだった。

IMG_6526.jpg
木の名前を忘れたのですが、珍しい木だった・・・?

 IMG_6527.jpg


今日は鬼無駅から電車に乗るので、この寺に
長居をしたい気分だったが・・・・・出発する。

IMG_6528.jpg

資金が不足してきたので、心細かったが・・・

(秩父路を歩いた時、郵便局が見つからないのと
土曜日で出発の時間が遅くなって大変困った経験が
あったので・・・・)

鬼無駅で地元の方に聞いてと早々郵便を発見できた。
秩父路の二の舞にならずに「資金」も調達できた。
これでアンシン・・・


高松駅から琴電の「高松築港駅」への乗り換えも
無事できたが、賑やかな町なかの賑わいを歩くのは
何となく違和感があるなあと・・・
急ぎ足で歩いている自分がおかしくなった。

IMG_6529.jpg

乗り物利用の遍路は、時間に間に合えば能率が良く
次々に進んでいく。
でも、なんとなく印象が薄い感じもする。
後でも思い出せない事が多い!!
苦労していないからだろう。

83番札所、一宮寺にもあっという間に着いたという
感じだった。


IMG_6530.jpg

この寺で、小学校4年生の女の子がお父さんと歩き
遍路をしているのに出会った。
聞いてみると、春休みを利用してのお遍路なのだ
そうだ。
この子にも感心するが、この子を遍路にさそった
父親の方にも敬服する。
今日で打ち止めにして帰路につくそうだ
・・・・お元気で・・・
この子は気持ちの優しい子になると・・・思えた・・・
・・・さようなら・・・


途中で昼食・・・定番「うどん」
IMG_6533.jpg

このうどん店に、後から小学生ぐらいの子二人が
お母さんと入ってきた。
「ざるうどん!」を注文している。
「ざるうどん」?????・・・
「せいろ」に「ざるそば」のように盛られている。
小さな子が、美味しそうに「つけ汁」だけで食べ
ている。・・・うどんのみである。
やはり「讃岐うどん」の産地だからと感心する。

一宮寺から電車利用でと「なまけ心」でいたが、
今日はほとんど歩いていないので、これからは
平地なので「歩く」ことに決めた。
遍路協会の地図で「遍路道」を探したのだが・・・・。

地図ではさほど難しい道のりでもないようなので、
歩くのは楽勝と思ったが・・・とんでもなかった・・

まず「私の遍路地図は10年前」

のものでどうも???・・・時代に合っていない
ような???・・・

アチコチと歩いて探しても、地図にはある筈になって
いる「遍路マーク」が見つからないのである。
土地の人に聞いても・・・????・・・ばかり・・
地図にある国道か県道の遍路道は、路肩が狭てく
大型トラックが、ビュンビュンと頻繁に通っていて、
とにかく危なくて・・・
いくらお遍路さんでも・・・怖い・・・

でも、しばらく地図を信じて歩いたが、これでは
何時交通事故に遭うかわからないので、引き
返すことにした。

こういう時は、初めのところに戻るが原則なので
引き返すことにした。
戻ることは、歩き遍路には一番嫌なことだが
仕方がない。

もう一度土地の方に聞いたが・・やはり???・・・

高松方面という道路標識の方向だけを頼りに、
広い国道11号に出て、歩道を歩くことにした。
しばらく歩いてみたが、やはり、遍路マークがなく
だんだん心配になり、歩くのは断念して、琴電駅
を探すことにした。

通りすがりの方に「三条駅」方面を聞いて、
「無事」・・・・電車に乗れた
・・・やれやれ軟弱遍路です
・・・でも本当に「ホット!」しました。

IMG_6534.jpg

潟元駅について、なんとか84番札所屋島寺へ
到着・・・・・

後で分かるのですが、
琴電屋島駅からは100円でシャトルバスが出ていたので
潟元駅ではなく屋島駅まで行った方が良かったようです

以前に、この辺を訪れたことがあったが、
「源平合戦の地」は記憶があるのだが
屋島寺の記憶がないのは???だった。

屋島寺の本堂横の赤い鳥居のわきには,大きな
狸がお迎えしてくれている。
「日本三大狸の一つ」で狛犬のように並んでいる。

IMG_6535.jpg


ここは、歴史を感じさせられるところで、朱塗りの重厚な
本堂は見事だった。
何度か再建されて今の姿になったという。


名勝地屋島は、広大な敷地をもっているし、歴史上
でも有名なせいか、とにかく観光客が多い。
広い境内を少し散策して歩いた。

帰りはシャトルバスで屋島駅へ行くことにする。
このシャトルバスでは韓国ご一行さんと一緒になる。
日本人はどこか・・・・・と探してしまう。

琴電屋島駅で降りたが、ここは街はずれで、戻って
JR屋島駅方面まで歩くことになってしまった。
琴電とJRが並んで走っているので、便利だが
よそ者には少々分かりにくいように思える。

ようやく、地図を頼りに探して、今日の宿である
「屋島ロイヤルホテル」に到着できました。
名前は、ロイヤルですが・・・ビジネス・・・です。

でも、到着時間が少し早かったので、中には
入れてもらえなかった。
時間までは遍路さんでも7チェックインできないと
言われた。

そこで、近くを流れていた川岸で休憩となりました。

少しの時間で、中に入れないビジネスホテルは
初めでだナア・・
中にぐらい入れて休ませればいいのに・・
と思うが
・・働いている人もいるのです・・・
勝手ですナア・・すみません・・・

夕食は、コンビニ弁当ですますことにしました。
宿から結構歩いてから「ローソン」発見できました。

このホテルでは、洗濯ができるということで、
今回の遍路で初めての洗濯をしました。
以前の遍路で、洗濯機で失敗してしまったこと
を思い出して・・・・
・・・慎重に・・・・慎重に・・・洗濯しました。

今日は、電車利用の効率的な遍路だったが、
かなり疲れたのは、街歩きと、乗り物の時間を
気にかけて歩いたからだろうと思う。

歩きだけだと、時間の調整は自分でできるのだが、
乗り物はそういうわけにはいかないので、ペースが
乱れるからだろう。

明日は
いよいよ・88番札所大窪寺
を目指すことになる。

明日も時間を気にしての遍路になりそうだ。
仕方がない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1812henro.blog83.fc2.com/tb.php/38-3c4afffa

 | ホーム |