FC2ブログ

プロフィール

チャー・トラ

Author:チャー・トラ
 特に、趣味ナシ・特技ナシの私です。
現在、スロートラベル“お遍路の旅”進行中・・・


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


第三日・清水屋ところてん

第三日(火)晴(6240歩・4キロ)
時間はおおよその目安です

宿7:30・・7:40・76番・金蔵寺・8:20・・・・8:30金蔵寺駅9:00・・・9:04多度津駅9:10・・・・9:25・77番・道隆寺・10:10・・・・10:25・多度津駅10:38・・・・10:48・宇多津駅10:50・・・・11:10・78番・郷照寺・12:00・・・12:20・宇多津駅12:4112:58八十場駅13:00・・・13:10・79番・高照院・天皇寺14:00・・・14:10・八十場駅14:29・・・14:38・国分駅14:40・・・・15:00・80番・国分寺・15:40・・・・16:00・国分駅16:12・・・・16:18鴨川駅・・・16:40宿
宿・城山温泉・・0877-48-0211


布団で寝る時・起きる時には、身体が思うように
ならずに・・・辛いもものがあって
「いもむし」
のようになっていた。
昔はこういう風にはならなかったのに・・・・と思う。

善通寺での朝のお勤めは、お坊さんが10人位で
お勤めをしていた。
外国人は見当たらなったようだったが・・・。

あの北海道のご夫婦も来ていた。
ご主人は、善通寺のお坊さんと、全く同じに最後まで
お経を唱和していた。
奥様も同じように、足が悪いのに正座して、唱えて
いました。
・・すごい・・・多分・・
名のあるお坊さんなのだろうと思った・・・

弘法大師が中国から持ち帰ったという
「錫杖」
というもので、儀式のようなことをしていただけた。

ご住職らしい方が、若いお坊さんに助けられ
ながらも、しっかりした所作で参拝者に「錫杖」の
お勤めをしていただけました。

きっと「ご利益」がアルナアと感じました。

昨夜、寝ている時、
「猫の声」
が聞こえたように思ったので、胎内巡りの時、
そのことを思い出し、急に不安になってしまった。

胎内巡りをしながら、
「チャ―頑張れ・・・」
「お大師様おねがいします」

と心の中で叫んでしまいました。

出発の時、善通寺のフロントでお説教をしていた
だいたお坊さんに「76番」への道などを聞くことが
できました。
・・・・・恐れ多いことです・・・・・

今日も乗り物を大いに利用して、80番札所
までは、何とか行くことにしたいと思います。


まずは、今日の初めてのお寺の76番札所金蔵寺
IMG_6482.jpg


IMG_6480.jpg
かわいいお地蔵さんのお迎えを受ける。

電車を使うと早いのはいいのだが、途中の印象が
薄くなってしまいます。
これは仕方がないことだと思うのですが、こうして
後で記録として書いていると、少々残念にも思って
しまいます。
・・・
記録も少ないし、記憶も少ないし・・・

(この頃国会で流行している言葉のマネでは
ないのですが・・・)

あとで
「さてどこだった?」
と思うことも多く、写真の記録にも自信が
持てないので、
勘弁してください!!

その後、今日の行く先々で、あのお坊さんご夫婦には
ご縁があって、お会いすることができた。

77番道隆寺では
私も妻も「眼科」通いが多いので
目にご利益のあるというところを巡らせていただいた。

IMG_6487.jpg IMG_6490.jpg

IMG_6488.jpg

IMG_6491.jpg

この「多度津」という駅に、
今日は何回もお世話になりました。

77番道隆寺を巡り、「多度津」にもどり「宇田津駅」
に向かい、78番郷照寺へ到着できました。

郷照寺へ歩いていると、自転車で通りかかった
中年おじさんに飲み物のお接待を受けました。
コンビニ袋に入った飲み物からどれでも、好きな
飲み物を取っていいという。

遠慮なく「冷たいカンコーヒー」を戴きました。
喉が丁度乾いていたので、うれしかった。
ありがとう!!

IMG_6492.jpg


今日は、町の中のお寺さんが多いせいか・・
やたらと猫ちゃん の姿が目に付く・・・
チャーが帰って来てと言っているのかと
・・・心配になる・・・

乗り物が多いと
「時間が制限」され
とにかく時間が気になるし、遍路マークのない
道は、迷いが多く、別に意味で
・・・遍路ころがし・・だナア・・・・
と思う。
遍路マークの有難さを、痛感してしまいます!!

IMG_6494.jpg

IMG_6495.jpg

IMG_6497.jpg


それでもようやく79番札所天皇寺へついて納経を
済ませることが出来ました。

「天皇寺」とは、すごい名前だと思った。
ここは、崇徳上皇が崩御した時に、ここ
に安置されたらしい。
「白峰宮」が崇徳上皇を祀る神社で、二条天皇が
建立し、その、神宮寺として
「天皇寺」が建立
されたという。
だから、ここには「山門」はなく
三連の「鳥居」があるのだそうだ。
納得!!

天皇寺へ着く、道のあちこちに
「清水屋のところてん・・すぐそこ・・」
の看板が目立つ。
私は学生時代から「心太・・・ところてん」には
目がないところもあり、立寄ってみることにした。

IMG_6498.jpg 

IMG_6500.jpg

清水屋さんは趣のあるお店で、「ところてん」
だけを商売しているようだった。
昔懐かしい「ところてんつき」で
「つるつる」とついてくれるので、
「本格ところてん」
だった。

IMG_6499.jpg  IMG_6504.jpg
 


こんな店があるのはすごいし、聞いたことに
間違いがなければ、220年続いている
お店らしい
・・・すごい・・・お客さんも結構多い。

IMG_6502.jpg
ところてんの茶屋さんでは、
美味しくて懐かしい「味と趣」
いただきました。


IMG_6505.jpg

八十場の駅から国分駅へ向かいます。

IMG_6506.jpg
国分寺は各県に一つあるそうだが、今までの
国分寺も立派だったが、
ここも立派で広いお寺さんだ

IMG_6507.jpg
お天気は良いし、静かでイイナア!!

IMG_6508.jpg

IMG_6509.jpg
セルフうどんで


遍路途中でチャーが気になって家に電話をする。
娘が電話に出て、
「チャーが 食べてるよ・・!」
ということで、電話口にチャーを連れてきて鳴き声を
聞かせてくれました。
「ニャー!!」
と例のしわれ声(ゴメンね悪口ではありません)
が聞こえたので、涙が出るほど嬉しかった。
チャーよく頑張っている
・・・ありがとう!!・・・


今日は「城山温泉」に宿を取ったが
鴨川駅でどう行っていいのか分からず
・・電話する。
駅まで迎えに来てくれるということで有難かった。



「城山温泉」はリゾート施設と旅館が併設されている
ところらしい。

IMG_6514.jpg

IMG_6515.jpg

「大衆演芸の垂れ幕や役者さんの額」などが飾ら
れており、地元の人が温泉にきているのも多い
ようだ。

部屋に案内される・・・窓から桜が満開に見える。

IMG_6510.jpg

風呂は大きなお風呂でサウナや各種の湯船があり
日帰りの方々が入っている。
皆顔なじみのようだ。

IMG_6517.jpg


ゆっくりお風呂に入り、外にあった、なんと
「マッサージ器」
にもかかり「身も心もリラックス」できた。

夕食は、リゾート施設の方の大きな座敷で食べる
らしい。
私が部屋に行くと大きな座敷にパラパラと3人位の
食事客のようだ。
一人で食べるのはつまらないが、チャーの事もあり
「気分は最高」だった。
ビールもことのほか・・・美味しい!!

88番札所まで行けそうだ

・・・・桜も満開で・・・
・・・お遍路ができて・・・
・・・ただ、ただ、感謝・感謝・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1812henro.blog83.fc2.com/tb.php/37-c0c0e198

 | ホーム |