FC2ブログ

プロフィール

チャー・トラ

Author:チャー・トラ
 特に、趣味ナシ・特技ナシの私です。
現在、スロートラベル“お遍路の旅”進行中・・・


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


第1日:出発の日

出発の日

歩いているのは「変人」なの?

平成20年11月7日(金)雨・移動の日  (6022歩 )

郡山6:16・・・(東北新幹線なすの260号)・・・7:56東京8:33・・・(東海道新幹線ひかり405号)・・・・11:30新大阪12:05・・・(山陽新幹線ひかり365号)・・・13:15岡山13:41・・・(快速マリンライナー35号)・・・14:35高松15:09・・・(特急うずしお15号)・16:05板野16:23・・・・(JR高徳線・徳島行き)・・・16:31板東・・・民宿「つしまや」

IMG_0087_convert_20091007163601.jpg


この日は、前日までの秋日和とは違い、どんよりとした天候でした。途中雨もひどくなり、一番札所のある駅の徳島県「板東駅」に着いた時は、もう薄暗くなっていました。駅は無人駅で、お遍路さんらしい人は、「だ~れもいません」 一番札所に行く途中で、今日の宿、「つしまや」を見つけることができました。

IMG_0091.jpg

                
この古い宿は、“江戸時代の旅籠”という感じで、これからの宿のことが・・・“心配、心配”デス

遠くに見えるのが一番札所なのに、道には、予想に反して、誰一人通ってはいないのです。

「なんか心細い、陰気くさいナア・・」

 遍路用品を売る「門前一番」という店で、一応、金剛杖、菅笠、納経帳、白衣(半袖)、ローソク、線香などは揃えました。その他のものも買うように進められたのですが、初心者なので必要最小限のものにしました。

 民宿「つしまや」の泊まり客は、私、一人らしく

「ひっそり、まっくら・・なぜか必要なところ以外の電燈は消され

ついている電燈も裸電球で暗い・・」

「風呂は小さい風呂でしたが、ナ~ント・・ゆず風呂・・でした

・・バンザイ!・・」

失礼ながら、この宿にしては「イキ いき・・・粋・・」

 夕食もたった一人で、仏間のようなところでした。・・・なんか 落ち込むナア・・・

「エライこと はじめてしまった・・」

と・・・後悔するのみ・・・

 テレビとか本などでは、歩いている人が多くなったとか、ブームになっているなどと宣伝されているのですが、

歩いてみよう・・・などと・・・考えているのは

超・・“へんじん・変人”・・なのかな・・・

IMG_0090_convert_20091007165715.jpg


食事をしていると、この宿のおばあさんらしい人が、「無断で」私の菅笠を 部屋から持ってきてしまっているのに 気がつきました。

「それ・・・・もしかして、私ので~は・・?!

すると、おばあさんは、私の脇に、チョコント、お座りすると、優しい口調で

「菅笠は、かぶり易く、風や雨にも強くしないと 長い旅はできないヨ・・」

と、持ってきた挟みと紐で かぶりやすく・丈夫に・・作り直してくれた・・・・のです。

おばあさんは、私の部屋へ布団敷きに行って 真新しい菅笠を見つけ、初心者だとわかり、親切に教えようとしていたのだと、その時、ようやく気がつきました。

「失礼、ごめんなさ~い!・・・・疑った 私が オロカモノ なのです」

 そんな私に、遍路の仕方、お接待のお札の返し方、お札の記入の仕方などを事細かに教えてくれ、心細かった私には、おばあさんが「観音様」のように思えるようになっていました。

  はじめて遍路に出て受けた「ご接待」・・しかも最高の「ご接待」・・・
 気持が

❤ ❤ ルン・ルン

となっていました・・単純です私は!・・


 
その夜は、寝付かれませんでした。遍路へ出た興奮・・・歩かれるか?・・・という不安・・・・何度も窓を開けて外を見ると、



やはり、雨は「シトシト」と地面を濡らしているようでした。





“ やっぱし(これ方言です)行いが悪いナア・・・おぬしは!


にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»